Mastodon 日本語翻訳について

mastodon
タグ: #<Tag:0x00007f6c0242cd48>
#1

Mastodon 日本語ローカライズのルールについて の続きです。

Mastodon 本家の Weblate が閉鎖となり直近の翻訳に困るため、私の方で transifex でプロジェクトを作成しました。

transifex の仕様上、未登録での閲覧は難しそうにみえます。
私は秘密裏に進めるのを好まないため、公開状態におきたいと考えています。

ある程度翻訳更新がまとまれば自身の GitHub リポジトリに適用し、差分をこちらで公開したいと考えています。

これについては私の名前で本家に PR を作る予定です。
ただし私は他の人の貢献を横取りしたくはありません。
「自分の名前を本家に残したい」という方は各自で PR を作っていただきたいと考えています。
transifex 上で提案・検討したのち自身のその部分だけ、などでもかまいません。
(ただしあまり細切れに本家に翻訳 PR を乱立させるのは好ましくないと思います)

方針についてはまだ未定ですが、より良いやり方があれば教えていただけると幸いです。

Mastodon 日本語ローカライズのルールについて
#2

Transifexプロジェクト立ち上げありがとうございます。

これはあくまでもわたしの意見ですが、有志で「日本語化チーム(仮)」を立ち上げ、
Fedeloper等で広く意見を募り、それを吸い上げてチームメンバーがTransifex上で反映させる、などはどうでしょうか
名前については、個人的にはどうでもよいので、PRコメントに「日本語化チーム(仮)一同」などと書けばよいのではと思います。

気にしているのは、原文の吸い上げやPR等の作業が属人化してしまうことです。
@mayaeh 氏の負担が大きいと思いますし、何らかの理由で作業ができなくなってしまった場合、だれが行うのか?など。

理想は、全体的にTransifex等のスパム対策をしやすい翻訳ツールに移行し
Mastodon開発チームの誰もが、原文の流し込みや訳文の吸い上げができるようになることではないか考えます。

2 Likes
#3

私も属人性を懸念しています。
@mayaeh さんが何らかの理由で作業できない場合、他の人がTransifexで翻訳しても本家にPR出来なくなり、日本語化が止まってしまいますので。
「Mastodon日本語化プロジェクト」のような形でGithubにOrganizationを作って、コラボレーターを置くなど、1人に作業が集中しないような形にできればよいかなと思います。

1 Like
#4

属人化は私も避けたいと考えています。
参加している他の人でも翻訳後のファイルをダウンロードできるといいのですが、私からはできるかどうか分からない状態です。

理想は本家が transifex への移行を決めていただくことだと思います。
なんらかの形で話してみないといけないと考えています。

作業については改めて明文化する手間が…の状態です。
新しいドキュメントの方にはまだほとんど書かれていないので、そこを整備する必要があると思います。

日本語化プロジェクトについていい案をありがとうございます。
GitHub で Organization を作ったことがまだないのでそこから調べたいと思います。
助言いただけると非常にありがたいです。

またこの transifex 以外で翻訳をしてはならないわけではなく、誰でも自由に本家に PR できる状態であってほしいと考えています。

#5

直近で PR を送ろうと考えている翻訳について、このような内容で送ろうと考えています。






まだ追加で「選択肢」を「項目」に変更しようと考えています。

もっといい案などあればご意見いただけると幸いです。

#6


何の「追加」なのか分かりにくくなるため悩んでいます。

#7

とりあえず GitHub に organization を作りました。

今後の PR 方法等についてはまだ決められていません。

1 Like
#8

transifex にて現時点で参加されている方全員に対し「レビュアー」権限を付与しました。
どこまでしていいのか、どこまでの権限があるのかなど分かっていませんが、参加したばかりの「翻訳者」の状態では「提案」止まりのように見えたため変更しました。

何かあれば教えていただけると幸いです。

また、上に書いた翻訳状態に追加で「レポート」を「ブロック」に統一する翻訳ほか行なっています。

#9

Mastodon v2.8.0 向けの翻訳等に関する PR について、4/1 の午前中に Work In Progress の状態を解除しレビュー・マージ可能な状態にしようと考えています。

おかしいところなどあれば教えていただけると幸いです。

#10

@mayaeh 1カ所ちょっと気になった所があったので、Draft PRにコメント付けときました

#11

ありがとうございます。

#12

「選択肢」か「項目」かの件、「選択肢」だと堅苦しいので「項目」の方が個人的にはなじみやすいです。

関連して、「選択肢を追加」が見切れる件は「項目追加」とすれば誤解もなく省スペースになるかと思いました。
もちろん「項目追加」の方が自然で理想的ではありますので、いっそ一旦は「項目を追加」にしてしばらく運用した上で、今後見切れの報告が出たら改めて考え直すというのもアリかと。
っていうか右の期間設定がスペース有り余ってるので、それこっちによこせやって感じですね…。言語によってスペースが良い感じに調整されてくれると最高なんですが(高望み)。

#13

レビュアーって結構な権限を持つ(らしい)ので、多くの参加者にガンガン任命する使い方は何となく違う気がします。

まあお一人に全部集中するのも大変ですので若干名は必要でしょうが、その人々以外は基本的には単に翻訳者のRoleで支障ないと思います。
なんかあればFedeloperで話せますし。

#14

ありがとうございます、「選択肢」は私も悩んでいます。
「項目」では少し曖昧になると思うので、Twitter のように「回答」とするのもいいかもしれませんね。

自身のアカウントを選んだ時の新プロフィールカラムで「プロフィールを編集」という文字列が一部環境でボタン内に収まりきらないそうなので、「項目を追加」でも収まりきらない環境が出るかもしれないと考えています。

同様に他の言語でも起こる場合があるでしょうし、このボタンの部分に関しては文字のサイズに応じてサイズが変化するように .scss 側を修正したほうがいいかもしれませんね。

#15

ガンガン任命するのは私も違う気がしています。

私自身安全サイドに倒して考えがちなため必要以上の権限は降らないようにしたいと考えてしまいますが、最初期ということで協力者が欲しいですし、「レビュアー」までならだいじょうぶかなと考えました。

それと「翻訳者」ロールでいただける「提案」では提案だけを抽出する手段がないように感じ、せっかくしていただいても気づくのが非常に困難な状態です。
何かメニュー項目がありそうな気はするのですが、今のところ見つけられていません。

いずれは何名か「マネージャー」や「メンテナ」的な立場の人も必要と考えていますが、どのロールにどういった基準でいつ対応するのかなど悩ましいところです。

「レビュアー」以上のロールについては、当面は今までにここや Weblate, Mastodon で協力していただいた方々にお願いし、今後新たに加わっていただける方は当面は翻訳者のままで様子を見つつかなと考えています。

transifex と GitHub リポジトリを連携させ変更内容を自動コミット、のようにもしたいのですが、transifex から出力したファイルは

  • 日本語では関係のない単数系・複数形を含む翻訳
  • 未翻訳部位の翻訳
  • 置換文字を含む翻訳

の修正が必要で、そのまま自動コミットするとこの問題に気付けるのか心配です。
いい方法があれば教えていただけると幸いです。

1 Like
#16

今のところ「選択肢」「項目」「回答」「候補」と4つの候補があるのですが、どれがいいでしょうか?

  • 選択肢
  • 項目
  • 回答
  • 候補

0 投票者数

なお同じ言葉がエラーメッセージにも入ります ( 分割可 ) 。
例: バリデーションに失敗しました: 選択肢を入力してください, 選択肢は複数必要です

今のところ vote ボタンは「投票」です。

参考:



#17

「項目」として翻訳入りました。
ご協力ありがとうございました。
またよろしくお願いします。

2 Likes
#18

v2.8.0 新ランディングページの翻訳をもう少しよくしたいと考えています。

例:

  • 〜にアカウントを作ればどこの〜」というところを誤解を避けられる文言に変えたい
  • 「〜は現在新しい〜」がボタンからはみ出しているのを直したい
  • 「何が起きているのか〜」の2行をもうちょっとなんとかしたい

日本語翻訳だけ、ボタンにサーバーアドレスを挿入するのをやめたいと考えていますが、transifex や Weblate でエラーが出る行為なのもあり悩んでいます。

1 Like
#19

「新規登録停止時のメッセージ」を設定している場合はこのようにオーバーレイ表示されます

#20

明日 1/11 に v2.8.0 正式リリースが出る可能性が高いので、あまり聞く期間をもたないまま翻訳 PR を提出するかもしれません。
できる限り事前に報告するようにします。